ASP

ECサイトを構築する上で費用を抑えたいということを第一優先するのであれば、ASPというサービスを利用するのが良いでしょう。ASPとは、ECサイト運営に必要な機能をネットワーク経由で利用する手法です。そのため、提供元が機能のアップデートを行うことで、常に最新の機能を活用することができることが大きなメリットです。ただし、各社固有のカスタマイズやシステム連携ができないことがデメリットです。

ASPは比較的に安いと言われていますが、安いからと言って性能が悪いというわけでは決してありません。特に、ECサイトに必要なフロント機能では、他の方法に比べて見劣りはありません。ECサイトにユーザーが訪れても、不満を抱かれることはないでしょう。

ただし、ASPはカスタマイズができないため、社内の既存の在庫システムと連携を行うなどに対応することができません。したがってサイト年商規模が増え、管理側の作業が膨大になってくると、ビジネス全体で見たときの効率が悪くなるため、パッケージやクラウドECをつかったサイトリニューアルの必要性が出てくるのです。このようなメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、自分自身のECサイトはこのASPを利用した方が良いのか、それとも別の方法でECサイトを構築した方が良いのか、という点を判断してECサイトを構築していきましょう。

ASP

SaaS型のECサイト

ECサイトを構築する際に、SaaS型ECサイトで構築するという方法があるというのは皆さんご存知でしょうか。SaaS型ECサイトとはインターネットを通して、外部ソフトウェアのアプリケーションを利用したクラウド型サービスですが、このSaaS型ECサイトのメリットとして挙げられるのがその安さであると言えるでしょう。

パソコン通常のECサイト構築サービスを利用するのと比べるとやはりこのSaaS型ECサイトで構築した方が安いです。それではなぜ安いのか、というところなのですが、このSaaS型ECサイトは
外部ソフトウェアを利用することで、社内で莫大な費用がかかるソフトウェアを購入しなくてもいいという点が挙げられます。このソフトウェアを購入することが、ECサイトを構築する上でどうしても費用がかかってしまう部分でありますので、ソフトウェアを購入しなくても良いと言う点は非常にメリットです。

そしてそのソフトウェアのライセンス料やメンテナンス費用、アップグレードなどにかかる費用などがかからないのです。これだけでもSaaS型ECサイトを利用する価値は十分すぎるほどあります。

また、初期費用としてソフトウェアの導入費用という大きな費用が抑えられますので、その費用を別の部分に充当できます。

SaaS型のECサイト

ECサイトの相場

ECサイトを作っていく場合、多くの方が専門業者に依頼するかと思います。それはやはり素人では作れる限界がありますし、どうせECサイトを構築するのであれば格好良くしたいものです。しかし、全てを専門業者に依頼してしまうと非常に高く費用がついてしまうので、少しでも安く費用は抑えたいところです。そこで今回は、ECサイトを構築するにあたって、各工程でどの程度費用がかかるのかをみなさんに知ってもらい、この部分はプロに任せてこの部分は自分でやって経費を抑えるというところに着目してみたいと思います。

まずECサイトを構築するにあたりやらなくてはいけない作業がECサイトのコンセプトやデザインを決めることです。ここは自分の理想があると思いますが、業者と打ち合わせなどをするにあたり、大体の相場感は安くて10万円程度になります。

次にページデザインですが、ここはそのECサイトの顔になる部分です。慎重に決めた方が良いと思いますが、テンプレートを使用するのかオリジナルにするのかで金額にばらつきが出てきます。トータルで考えた場合に安くて5万円程度で高い場合には20万円程度となります。そして、商品登録やオープンテストという流れになりますが、全体として実際にかかる費用の相場感としては、安くても50万円程度の費用は必要になります。予めこの相場感を知っておくことで、いざ業者に見積もりを取ったときに高いか安いかの判断に繋がりますので、この相場は覚えておくようにしましょう。

ECサイトの相場